TiLiteの車椅子を見て触って試せる、タイライトプロショップに行ってきた




皆さんTiLiteという車椅子をご存知ですか?

アメリカで製造されている車椅子で、YoTubeとか見ているとアメリカの人はこのTiLiteに乗っている人が多い印象です。

シンプルでとってもかっこいいなーって僕はずっと思っていたんですよね。

 

それで昔からTiLiteについていろいろ調べていたんですけど、去年(2017年)吉祥寺にタイライトプロショップというTiLiteの車椅子を”見て、触って、試せる”場所が出来たそうなので行ってみたんです。

 

ということで、今回はTiLiteと吉祥寺にあるタイライトプロショップについて紹介していきたいと思います。

 

タイライト(TiLite)とは?

まずはTiLiteとはどうゆう車椅子なのか?

 

TiLiteはアメリカ製で、フルオーダーメイドで作られる車椅子です。

 

TiLiteのミッションは

”世界で一番快適で世界で一番ポテンシャルを発揮できる世界で一番美しい車椅子を作る”

という事だそうでホームページで謳っています。

 

2014年にTiLite社は買収されて、現在はpermobil社の一部になっています。

 

素材はチタン製とアルミ製

TiLiteの車椅子はチタン製の物とアルミ製の物があります。

 

チタン製の方が高価でプレミアムな車椅子と言えます。

それぞれの特徴は以下の通り。

 

チタン(Ti)

剛性、耐性、振動吸収性に優れている。

振動を吸収することによってユーザーの疲労を軽減、快適性が向上。

精製工程が難しくコストがかかる。高価。

屈曲加工や溶接が難しく専門知識と確かな技術が必要。

 

アルミ(Al)

チタンほどではないが高い強度でチタンよりも素材としては軽い。(ただ同じ強度でフレームを作るとチタンの方が素材が少なく済むので軽くなる。)

加工や溶接がしやすく車椅子フレームとして広く利用されている。

一般的に安価。

 

フレーム生涯保障

フレームが壊れた場合は一生涯保障してくれるそうです。

 

すごい。

自信の現れですね。

 

因みに自分以外の他の人が乗って壊れた場合は保障の対象外になります。

 

モデル

TR

フラッグシップモデルで固定車のデュアルチューブフレームモデル

材質チタン

基本重量4.2kg(最小構成パーツ時)

¥478,000〜

 

TRA

TRの車軸が調整の利くタイプがTRA

材質チタン

基本重量4.9kg(最小構成パーツ時)

¥448,000〜

 

Aero T

Tシリーズで材質がアルミなのがAero T

材質アルミ

基本重量5.4kg(最小構成パーツ時)

¥328,000〜

 

ZR

固定車のモノチューブフレームモデル

材質チタン

基本重量4.2kg(最小構成パーツ時)

¥458,000〜

 

ZRA

ZRの車軸が調整の利くタイプがTRA

材質チタン

基本重量4.9kg(最小構成パーツ時)

¥428,000〜

 

Aero Z

Zシリーズで材質がアルミなのがAero T

材質アルミ

基本重量5.4kg(最小構成パーツ時)

¥298,000〜

 

2GX

TiLiteの折りたたみ式モデル

材質チタン

基本重量7kg(最小構成パーツ時)

¥458,000〜

 

Aero X

2GXの素材がアルミのもの

材質アルミ

基本重量8.2kg(最小構成パーツ時)

¥296,000〜

 

Twist

成長対応機能付き小児用車椅子

材質アルミ

基本重量5.4kg(最小構成パーツ時)

¥346,000〜

 

TiFit(タイフィット)

”あなただけの為に一から作られる世界で一つの車椅子”

そんな車椅子を作ることをTiLiteではTiFit(タイフィット)と呼んでいるそうです。

 

TiLiteではそれぞれユーザーの特徴に合わせてサイズを測り、注文書が出来てから製造します。

他のメーカーでよくある、「この中のサイズから選んでください」と言うようなものとは全く違います。

 

TiLiteで車椅子を作れば必ずあなたにフィットする車椅子が出来上がるでしょう。

 

▼TiFitについて詳しくは動画をご覧ください。

 

タイライトプロショップ(TiLite ProShop)に行ってみた

そして話は戻りますが、タイライトプロショップに行った時のことです。

 

まず僕の場合は車椅子ユーザーになって11年目、車椅子も今乗っているので2台目でかれこれ7年は修理しながら乗っています。

そろそろ自分に合う、それこそ体にフィットする新しい車椅子が欲しいので前々からネットで色々な情報を集めたり、友人に聞いたりしていました。

 

そこで一番気になっていたのがTiLite

 

だけどネット通販でものを買って失敗するように、やはり実際に見てみないと購入することは難しいですよね。

そこで思い切って僕は青森在住なんですが吉祥寺のタイライトプロショップにやってきたと言うわけです。

 

タイライトプロショップでは様々なパーツが実際に展示されていて、実際に見て、触れる事ができます

フレームのカラーや背布のカラーとかも実際に見る事ができるのでTiLiteの車椅子の購入を検討してい人にはありがたいサービスです。

そしてTiLiteを販売しているpermobilの方がTiLiteの車椅子について、モデルの違いやTiLiteの理念などを詳しく説明してくれます。(事前予約が必要)

実際に車椅子も何台か展示されているので試しに乗ってみる事もできます。

僕の場合は事前に電話で予約をしていたので、僕の体型にあった車椅子を用意してくれていました。

 

そして一番重要なのがパソコンを使って、自分の体に合った、自分好みの車椅子の図面を作ってくれること。

図面はその場ではみる事が出来ません。様々な情報をアメリカのTiLite社に送信してだいたい2週間弱で自分の手に届きます。

シート幅、奥行き、フレームカラー、その他のオプション等、様々な情報を入力していき作っていきます。

だいたいそれで2時間はかかるのでタイライトプロショップに行こうと思っている人は時間に余裕を持って行くことをお勧めします。

 

そして図面が出来上がればそれを基に今自分が乗っている車椅子と比べながら検討する事が出来ます。

「やっぱりここをこうしたい」とか後々出てくると思うのでじっくり自分が納得いくまで検討すると良いと思います。

 

ちなみにTiLiteを販売しているpermobilさんは今話題のスマートドライブも取り扱っているので、相談すればもしかすると体験できるかもしれませんよ。

▼スマートドライブについてはこちらの記事もご覧下さい。

今話題のスマートドライブを車椅子に取り付けて試運転してみた

2018.07.04

 

まとめ

そして2週間後、図面が届きました。

 

ん〜、なかなかいい感じ。

 

残念ながら図面なので色の確認は出来ませんが、重要な寸法は全て出てくるので、これから今乗っている車椅子と照らし合わせて検討していきたいと思います。

 

そして見積りは、、、

 

70万

 

わぉ。

 

僕が選んだのはZRで458,000円からのスタートで、そこからホイール等のオプションを付けていくとこのお値段。

因みに材質をチタンではなくアルミにすると(Aero Z)15万ほど価格は抑えれるけど、せっかくTiLiteの車椅子を買うのにアルミにするなんてどうかしてますよね?

 

フレームは生涯保障だし。

 

高い買い物なので慎重に検討して、絶対に後悔しない買い物にしたいですね。

 

 

皆さんもTiLiteに興味があったら是非タイライトプロショップに足を運んでみてくださいね。

タイライトプロショップ

住所 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-11-1 本町池田ビル1階
電話 TEL0422-23-7277 FAX0422-23-5883
営業日 月曜日〜土曜日
営業時間  10:30〜17:30