一人暮らしを親に反対されない為に必要な準備の仕方と説得方法




あ〜〜〜、一人暮らしがしたい!!

 

実家に親と住んでいると色々とストレスになる事ありますよね。

一つ一つ干渉してくるの、あれ何なんですかね?

 

話が面白かったりポジティブな事を言われるならまだしも、

買い物をすれば、「お金の無駄使い」

飲み会から帰ってくると、「遊んでばかり」

休みの日に寝ていると、「だらしがない」、、、

とにかく何に対しても批判をしてくる親って何なんですか?

 

本当に訳がわからなくて、理由を考えてみたんですけど、あれって多分本能だと思うんですよ。

親は子供を守りたいという本能があるので子供が何か危ない事をしようとすると批判するんですよね。

 

お腹が空いたらご飯を食べたり、異性と交友を持ちたかったり、疲れたら眠くなったりするあれと一緒。

特に母親には母性本能があるのでそれが強いんじゃないかと思います。

 

でもね、

親の言う通りに守られて安全に安全にって生きて行く事なんて不可能ですよ。

だって何事にもリスクがつきものですから。

何もしない事だって”何もしないリスク”が有りますから。

そのリスクさえ危険だって言われたらもう何も出来ねぇ。

 

だからもう、いつまでもそれに付き合っていることはありません。

親離れ子離れするには実家を出る事が一番の解決策。

親と子供がお互いにストレスなく良好な関係を築く為に。

 

さあ、実家を出ましょう。

 

説得するのに一番必要なのは信用されること

まず一人暮らしに関わらず人を説得する為には信用されることが一番の鍵になってきます。

それが出来れば簡単だって話なんですけど、結局はそこが一番大事だし大前提だと思うんです。

 

そして信用される為に必要なこと

それは継続

 

その日だけ、その時だけの行いだけでは人間信用なんてしませよね?

毎日、毎回同じようにすることで信用が生まれていきます。

 

だからもしあなたが現在信用されていない状況であるなら、何を言っても説得する事は出来ないです。

信用していない人の言う事なんて聞きません。

単純な事ですがそれが基本。

 

一人暮らしを半年先、1年先にしたいと考えているならそれまでに普段の生活を規則正しくする。

そして、貯金を溜めるようにコツコツと信用を貯めてから説得に臨むべきだと思います。

 

物件をお探しの方はこちらが便利です。↓

住まい探しならSUUMO(スーモ)

具体的に何をすれば良いか(準備)

一人暮らしをする目的をはっきりしておく

「どうして一人暮らしをしたいの?」

この質問にははっきりと答えれないといけませんよね。

 

「自由に生活したいから」

「親の説教がウザイから」

「友達を遊びに来させたい」

 

そんな安直な理由じゃなくて、もっと論理的で親も納得する理由を考えてみてください。

僕が考えた一番いい理由だと思うのはこれ。

 

親に頼らずに自立した生活をする為

 

実家にいるとどうしても親に頼んでしまいますよね?

料理、洗濯、掃除。

母親が当たり前のように全てこなして当たり前のようにそれに甘えてしまう。

でももし母親が病気や怪我でそれを出来なくなってしまったら、普段やっていない僕たちは何も出来ないじゃないか。

だから一人暮らしをして自分で全てをやらなければいけない環境に身を置かなければいけない。

 

そんな理由が良いんじゃないですかね。

 

失敗することを恐れてチャレンジできなくなってしまった時の対処法

2017.12.28

お金

そもそも収入は足りているか。

 

一人暮らしをすれば間違いなく実家で親と暮らすよりも出費が嵩みます。

まずは一人暮らしをしたい地域の家賃の相場を調べてみて、今の給料で生活できるのかシミュレーションしましょう。

 

できれば一人暮らしを始める前に家計簿をつけて数字ではっきり目に見えるかたちにしておくべきです。

せっかく一人暮らしを始めたのに思ってた以上に出費が嵩んで旅行や娯楽にお金が回らないとか、生活が厳しくなってやっぱり実家に戻りたいとか。

そんなことになったら本末転倒ですからね。

 

家賃、光熱費、食費、交際費、、、

車を持っていたら維持費も計算に入れないといけませんね。車検とか結構痛いので。

それから保険料、、、

 

色々とお金はかかってくるので、しっかりと計算しないと一人暮らしをすることでただただ生活が苦しくなるだけです。

しっかりと計算してしシミュレーションして、目に見えるかたちにしておくのはとても大切なことだと思います。

 

もしお金に余裕がないのなら収入が増えるまでは我慢して実家で暮らす。

もしくは実家で暮らす方がお金の節約になるので、その節約したお金で友達と旅行とか娯楽に使えるから、考え直すのも有り。

どちらもメリットとデメリットがあるので、しっかりどちらが良いか天秤にかけてじっくりと考えてみてください。

 

安全性

女性の場合特にこれは大事です。

これをクリア出来ないと間違いなく親は一人暮らしを認めてくれません。

 

  • その地域の治安は大丈夫か
  • 近くに交番はあるか
  • 近くに友人、知人はいるか
  • オートロックか
  • 防犯カメラはあるか
  • マンションの2階以上
  • 震災、災害時の対応

 

全ての条件を満たすとなれば自ずと家賃も上がってくると思います。

しかしそういった安全面を配慮しないと親に認めてもらうことは難しいので、女性の一人暮らしはハードルが高いですね。

 

ポイントは

危険が迫っているときに近くに助けを求められる友人、知人がいるかどうか

だと思うのでそこに重点を置いて検討すれば良いんじゃないかと思います。

 

もしくは最近ではシェアハウスなども増えてきているので、そういった選択肢も持っておいても良いのかと思います。

シェアハウスなら色々周りが助けてくれますし安全性は確保されています。

メリットとして交友関係が増えるし、恋愛に発展する場合も少なくないと聞きます。

その反面、人間関係のトラブルは付きものですが。

 

単純に親から離れたいというのならそれもありなのかなと思います。

じっくり検討してみてください。

 

ちなみに東京都内限定ですが女性専用のシェアハウスもかなり募集しているので検討してみてください。▼

東京都内の女性専用シェアハウス!


家事ができる、もしくはする姿勢をアピールしていく

目的、お金、安全性を検討しながら、一人暮らしをすると決めたその日からできるだけ家事は自分でするようにしましょう。

その姿勢を見せてアピールする事で少しずつですが信用を得ることが出来るはずです。

 

思い出してください

説得するのに一番必要なのは信用されること

そして信用とはコツコツ積み木のように積み重ねていくもの。

日々のそういった姿勢がいざ説得するという時に役に立ちます。

 

今まで親に頼んでいたことを奪い取るように自分でするようにしましょう。

親も自分の仕事を奪われまいと奪い返しに来るので負けずに戦ってください。

そしてその戦いに勝って、自分に任されるようになったら主導権はあなたにあります。

そしてそれを継続すること。

 

めんどくさい?

そうです。めんどくさいんです。

信用を得るとはそういうもの。

覚悟して取り組むしか無いんですよね。

 

物件をお探しの方はこちらが便利です。↓

住まい探しならSUUMO(スーモ)

意志力を鍛えて「自由」を手に入れる簡単な3ステップ

2018.03.09

いざ説得

なぜ親は反対するのか?

冷静になぜ親は一人暮らしに反対するのか考えてみましょう。

 

あなたを心配しているという理由の他に、ただ単純に離れて暮らすのが寂しいという理由もあるかもしれません。

親も一人の人間なのでそういった感情はあるはずです。

そういう感情的な面も理解しておくことが説得する上で必要です。

 

普段から頻繁にコミュニケーションを取るようにして、敵対関係にならないようにしましょう。

そうすれば親の素直な気持ちを聞き出せるかもしれません。

 

感情的にならない

説得する上では絶対に感情的にならないように気をつけてください。

相手が感情的になったとしても自分の気持ちは抑えて冷静でいなければ、論理的な議論をする事は出来ません。

 

論理的では無いただ感情に任せた議論にはゴールはありません。

今の状況を少しでも良い方向に変えて、一人暮らしという目的を達成するために冷静に誠実に説得を試みましょう。

 

おわりに

結論として

一人暮らしをしたい!!

と本気で思っているのなら、それなりの準備期間お金が必要ですし、何と言っても覚悟というものが必要です。

しかし、親離れ、子離れというのはいつかはしなければいけない事なので、是非ともこれまで書いてきたことを参考に実行してみて下さい。

 

健闘を祈ります。

 

ちなみに物件探しはこちらのサイトが便利なので是非利用してみて下さい。▼

住まい探しならSUUMO(スーモ)




この記事が気に入ったらシェアをお願いします


車椅子での生活や自立に役立つアイテムを紹介しています!

障害で体が不自由であったり、車椅子を利用していると、自立した生活を送るのに苦労しますよね。
そんな方に、これまでブログで紹介してきた、おすすめのアイテムをまとめて紹介します▼



車椅子での暮らしを動画で発信中!


ABOUTこの記事をかいた人

ユウシン

12年ほど前、オーストラリアの田舎町、大木に車で突っ込んで頸髄を損傷。 頸髄損傷の四肢麻痺車椅子ユーザー13年目。 体に障害がある方、特に脊髄損傷、頸髄損傷向けの情報をブログやYouTubeで発信中。 一緒に障害がある暮らしを楽しみませんか?