今、ベッドの上で絶望しているあなたに伝えたい大切なこと




もし、約12年前にベッドの上で絶望していた自分に声をかけれるとしたら、どんな事を伝えるだろう?

 

 

交通事故で脊髄を損傷、医者から一生歩けないと言われ、当時の自分は間違いなく人生のどん底にいた。

でも約12年経った今、平気で幸せを感じながら過ごす事が出来てる。

 

身体の状態は特に変わっていないし、自由に動けるようになった訳ではない、まだ車椅子のままだ。

トレーニングをしているので多少筋肉はついたと思うけど。

 

12年という歳月の中で、この体でどうやって生きていけばいいのかという「生き方マニュアル」みたいなものが出来てきて、それに沿ってやれば大体のことはうまくいくようになってきた。

もしその”マニュアル”を12年前ベッドの上にいる自分に手渡す事ができたなら、、、

これまでの12年間はもっと短く済んだはずだし、絶望して生きる気力が無かった期間も短かったはず。

 

だから同じ障害を抱えている先輩から話を聞くことは、とても大切なことなんだと思う。

当時の自分にはとにかく情報が少なかった。

 

そこで今回は「当時ベッドの上で絶望していた自分に、”今”伝えたい事」をテーマに書いていこうと思う。

 

今でも世界のどこかのベッドの上で、同じように絶望しながら天井を眺めている人がいるはず。

そんな人に参考にしてもらえて、前を向くきっかけになれば嬉しいと思う。

 

人と比べてしまうのはよくわかる

自分がこうやってベッドにいる間、同年代の人はバリバリ働いて、飲みに行ったりスポーツしたり、結婚したり。

それに比べて自分はどうなんだ。

毎日毎日、足が動くようになる訳じゃないのにリハビリばっかり。

生きるための基礎的な事を練習しなきゃいけない、赤ちゃんの時にやったはずなのに。

 

そんなこと考えるのよーくわかるよ。

考えるなと言っても考えちゃうんだよね。

 

”人と比べてもしょうがない自分の人生を生きろ”

そんな事はわかってるんだけど、人間比べてしまうものなんだよね。

 

だからもう認めてしまうしかないんだと思うよ。

 

「比べてしまうのはしょうがない、でも比べてもしょうがない、さあ自分の人生、生きよっ。」

そんな感じに思っておけばいいんじゃないかな。

 

それに、形は違うけどみんな苦しんでいると思うんだよ。

いろんな問題を抱えて、人それぞれ課題があって生きてる。

自分だけじゃないんだよね。

 

人それぞれいろんな人生があって、同じ人生なんて1つもないから、比べてもしょうがないんだよね。

だから自分の人生に集中しよう。

自分の課題を解決することだけに集中しよう。

 

出来ないことに執着せず、出来ることに焦点を当てる

でも前に普通に出来ていたことが出来なくなると悔しいよね。

本当に悔しいんだ。

惨めに感じることもあると思う。

 

だから”出来ないこと”に執着しすぎない方がいいと思うよ。

出来ない出来ない出来ない出来ない、、、、

って思ってしまうと気が滅入ってしまうから。

 

”今出来ること”に焦点を当てて伸ばしていけば良いんだと思う。

そうしていけばいつか、”出来ないこと”が工夫をすれば出来ることに気がついたりするんだ。

それに気がつくのは時間とアイディアが必要だったりするから、それまでは”今出来ること”を楽しんでやっていけば良いんじゃないかな。

 

楽しむ事は本当に大切だと思う。

どんなに小さな事でも、楽しむか楽しまないかは自分次第で、どうせ同じ事をするなら楽しんでやった方がいいと思うんだよね。

そうやって日々、些細な事でも楽しんで取り組んでいけば、いつか目標も見つかるはず。

 

目標に向かっていけばまた新たな問題、課題、挫折する事だってあるかもしれないけど、少なくとも、ベッドの上で天井を見上げている時間はなくなると思う。

 

人間、夢や目標がないと前に進めないもの。

それを見つけるまでは時間がかかるかもしれないし、いつ見つかるかもわからない。

だからそれまでの時間はもったいないから、些細な事でも楽しんで日々過ごして行けばいいんじゃないかな。

 

それでも人生はまだ続く、逆転を目指そう

あなたは交通事故にあって体が不自由になり車椅子生活になった。

でもこれからもあなたの人生は進んでいくんだよね。

 

「車椅子の人間」というような新しい人間に生まれ変わった訳じゃないから、新しい人間になろうなんて考えるべきじゃない。

人生は繋がっているし、これからもずっと人生は続いていくんだから。

それにあなたは今までも必死に生きてきた。

だから過去の自分を1ミリも否定しなくていい。

 

今絶望のどん底にいたとするなら、この先は登っていくだけなんだよね。

登って行って登って行って幸せを目指すだけ。

巻き返し逆転で幸せを掴み取ろう。

 

人それぞれ道は違っていて同じ人生なんて一つもないから、実はみんな孤独に戦っている。

だからあなたも少し休んだら、もう一度一歩踏み出してみよう。

あなただけの人生であなただけの幸せを探す旅に、もう一度踏み出だしてみよう。

 

 

 




シェアしてくれるとめちゃくちゃ嬉しいです!


車椅子での生活や自立に役立つアイテムを紹介しています!

障害で体が不自由であったり、車椅子を利用していると、自立した生活を送るのに苦労しますよね。
そんな方に、これまでブログで紹介してきた、おすすめのアイテムをまとめて紹介します▼



車椅子での暮らしを動画で発信中!


ABOUTこの記事をかいた人

ユウシン

12年ほど前、オーストラリアの田舎町、大木に車で突っ込んで頸髄を損傷。 頸髄損傷の四肢麻痺車椅子ユーザー13年目。 体に障害がある方、特に脊髄損傷、頸髄損傷向けの情報をブログやYouTubeで発信中。 一緒に障害がある暮らしを楽しみませんか?