失敗することを恐れてチャレンジできなくなってしまった時の対処法




今まで数々の失敗を重ねてきました。

車の事故。バイクの事故。浮気がバレた。早歩きしていたらこけて小指を折った。学校にランドセルなしで登校してしまった。笑

失敗すると落ち込みますよね?それでまた次はそうゆうことがないように改善するわけです。そしてそれが人間を成長させるんじゃないかと思うんですね。

でも大人になるとその失敗を恐れてチャレンジしなくなっちゃいますよね?なんでなんでしょう?

 

周りの目を気にしすぎている

これは日本人に多い特徴だと思います。

1年間海外に住んでみてわかった日本人の3つの特徴

2017.12.11

 

チャレンジすれば成功か失敗があって

失敗=成長

だとしたら、成功しても失敗しても自分にとっていいことばかり。なのになぜ人は失敗を恐れてチャレンジしなくなるのでしょう?

ズバリ言いますとそれは

周りの目を気にしているから

です。

チャレンジしない人って周りの目を気にしすぎているんです。

人は一人では生きていけないので周りの人に感謝しながら生きてゆくのはわかりますし、そうするべきだと思います。

しかし周りの人間のために生きているわけではないし、あなたがチャレンジして成功して幸せにならないと周りの人も幸せにできないと思うんです。

それに、周りの人はあなたが失敗したからといってそこまで気にするでしょうか?

あなたが失敗したからといって周りの人の人生が大きく変わるでしょうか?

あなたの失敗によって周りの人の人生が変わることはほとんどありません。

しかし最も近い存在、家族にはあなたの失敗は影響するかもしれませんので、失敗して家族が不幸になるチャレンジは安易にするべきではないと思います。

命に関わることや、全財産をはたいてまでもするチャレンジなどは冷静に考えるべきですが、あなたのチャレンジはそこまでのものですか?

意志力を鍛えて「自由」を手に入れる簡単な3ステップ

2018.03.09

 

現状に満足していいる

それでも一歩踏み出せないときは諦めるべきです。

なぜならあなたはそのチャレンジをしなくても十分幸せだから。

そもそもあなたの心の奥底では現状に満足しているところがありませんか?

冷静に考えてみてください。

ただ欲に駆られて動いているだけで実はチャレンジしなくても十分幸せだったりします。

 

環境を変える

冷静に考えてそれでもやりたい事、チャレンジしたいことがあって一歩踏み出せない時は環境を変えるしかありません。

英語を学びたいなら、海外に行く。

集中して何かに取り組みたいなら、テレビを捨てる。

学びたいスキルがあるなら高い授業料を先に払ってしまう。

 

環境を変えて取り組めば、その環境に適応しようとやっと動き出すものです。

さあ一歩踏み出しましょう!

 




この記事が気に入ったらシェアをお願いします


車椅子での生活や自立に役立つアイテムを紹介しています!

障害で体が不自由であったり、車椅子を利用していると、自立した生活を送るのに苦労しますよね。
そんな方に、これまでブログで紹介してきた、おすすめのアイテムをまとめて紹介します▼


ABOUTこの記事をかいた人

ユウシン

12年ほど前、オーストラリアの田舎町、大木に車で突っ込んで頸髄を損傷。 頸髄損傷の四肢麻痺車椅子ユーザー13年目。 体に障害がある方、特に脊髄損傷、頸髄損傷向けの情報をブログやYouTubeで発信中。 一緒に障害がある暮らしを楽しみませんか?