入院時のネット接続にはモバイルWifiの”レンタル”がおすすめ

入院している時って暇だし、仕事を病室でしなければいけない人にはWifi環境は必要不可欠。

そんな時はモバイルWifiを”レンタル”することを強くおすすめします。

実はモバイルWifiってレンタルできるんです。

知っていましたか?

 

普通にモバイルWifiの端末を契約すると2年契約3年契約をしなければいけなくて、しかも途中で解約すると、解約金がバカ高いです。

一方でレンタルは1日から借りることができるので、短期間Wifi環境が必要な時にはとっても便利なサービスですよね。

 

その他にもレンタルをおすすめする理由がいくつかありますのでこれから詳しく説明していきます。

 

1日からレンタル可能、高額な解約金の心配なし

入院時に病室でWifi環境が必要になりました。

「さてモバイルWifi契約しなきゃいけないな」となった時に普通の契約をするとその費用に驚愕すると思います。

初期費用月額費用解約費用

全部合わせると数万円にもなってしまいます。高い!

 

しかしモバイルWifiのレンタルなら1日から利用可能です。

2年3年契約をする必要がないので高額な解約金の心配をする必要がありませんね。

 

すぐに届く、すぐに使える

入院が急遽決まっても安心。

モバイルWifiのレンタルならその日に申し込めば、最短翌日に届くのですぐに利用することができます。

病院が受け取り可能であれば病院にも発送出来るので家に帰る時間がないときでも安心ですね。

入院時に必要な持ち物、持っていくと便利な物をまとめてみた

2018.04.26

 

利用可能データ量無制限

モバイルWifiのレンタルの中でも利用可能データ量の制限があるものと無制限のものがあります。

利用の仕方にもよると思いますが、入院時に暇でYoutubeなどの動画を視聴する場合にはデータ量無制限のものを選ぶべきでしょう。

データ量が10GBのものもありますが、入院日数が1週間以上なら10GBでは間に合いません。

私は入院時、1日に2GBほど使っていました。

途中で容量オーバーになって追加料金を払うよりは余裕を持って無制限のものを選べば安心して利用できますよね。

▼10GBと無制限の料金の差は以下の通りです。

料金比較(1ヶ月)

【Wifiレンタルどっとこむ】
機種 利用可能データ量 料金
SoftBank303ZT
SoftBank4GLTEエリア対応
10GB 4,410円(税込)
SoftBank501HW
SoftBank4GLTEエリア対応
無制限  6,480円(税込)

※発送、返却料を除く

料金は1ヶ月2,000円ほど違います。

ストレスをためずに快適な入院生活を送るためには無制限を選ぶべきでしょう。

容量オーバーで利用できなくなったらストレスで病気が悪化するかもしれませんし。

麻痺で指が動かなくてもPCを楽に操作できるExpert Mouseが最強

2018.05.28

 

申し込みも簡単

申し込みは2分で終了。

5ステップ。

  1. 端末を選択
  2. 受け取り、返却方法を選択
  3. 利用期間を選択
  4. 安心保証サービス、オプションサービスの有無を選択
  5. お客様情報、クレジットカード情報入力

以上

 

Wifi無制限使い放題で快適な入院生活を!

▼以下のサイトで申し込みできます!

 

 

この記事が気に入ったらシェアをお願いします


車椅子での生活や自立に役立つアイテムを紹介しています!

障害で体が不自由であったり、車椅子を利用していると、自立した生活を送るのに苦労しますよね。
そんな方に、これまでブログで紹介してきた、おすすめのアイテムをまとめて紹介します▼


ABOUTこの記事をかいた人

ユウシン

12年ほど前、オーストラリアの田舎町、大木に車で突っ込んで頸髄を損傷。 頸髄損傷の四肢麻痺車椅子ユーザー13年目。 体に障害がある方、特に脊髄損傷、頸髄損傷向けの情報をブログやYouTubeで発信中。 一緒に障害がある暮らしを楽しみませんか?